ファイナンシャルプランナー(FP)のノウハウを結集した、無料のライフプランシミュレーションソフト Financial Teacher System 5

ライフプランソフト(ライフプランシミュレーションシステム)の開発、導入、技術支援のご相談

金融機関、事業会社、NPO法人にて、ライフプランソフトやライフプランシミュレーションシステムの開発、導入をご検討されているケースが、ここ最近増加しています。

などの事例も増えてきています。
このようにお考えの皆様に対して、 ライフプランソフト(ライフプランシミュレーションシステム)の開発、導入、技術支援等のご相談を承っています。

意外と苦労の多い、ライフプランニングシステム開発

一人一人に合った金融サービスを提供していくうえでも、ライフプランニングの考え方は非常に大切です。
しかしその仕組みを開発するのは、苦労が付きまといます。

ライフプランシミュレーションを企画する方は、年金、保険、税金、ファイナンス理論、その他お金に関する法律や税制を幅広く深く熟知していることが必要です。
そのうえで、開発するエンジニア側にも、将来の制度改正を念頭に置いて改変しやすい仕組みで開発すること(アーキテクチャ設計)、複数の概念が裏でつながっているため、その結合や切り離しが容易な仕組みで開発すること(現実の金融制度に合致したコンポーネント化)も求められます。

金融の現場にいる人は、お金には詳しいがシステム開発の知識はない。
一方で開発者側は、システム開発の経験は豊富なものの、金融知識を持っていない。
したがって、ライフプランニングの開発にあたっては、金融とITの両方にたけた人物が、双方の橋渡しを担うことが重要です。
それにより、望まれるライフプランシミュレーションシステムを、早期に開発し、永続的にメンテナンスも続けることができます。

ライフプランニングシステム開発の豊富なノウハウで、開発実務をサポート

当ライフプランソフト開発チーム代表の佐藤は、この双方の間に入り、ライフプランシミュレーションの開発を円滑に進めた経験もあります。
保険、証券、不動産、相続、税務など幅広くライフプランニング&関連するシミュレーションシステムの開発に関わってきました。(詳しい経歴・実績は開発チーム代表の紹介のページをご覧ください)

ライフプランシミュレーション企画担当者とは、次のようなやり取りができます。

ライフプランシミュレーション開発担当者とは、次のようなやり取りができます。

開発、導入、技術支援のご相談を承っています

以上の経験をもとに、ライフプランソフト(ライフプランシミュレーションシステム)の開発、導入、技術支援等のご相談を承っています。
どのようなかたちでご協力できるかも、個別に相談を承っています。
ご相談をご希望の方は、相談事項の概略やご希望について、お問い合わせのページよりご連絡ください。

参考までに、下記のリンクもご覧いただけますと幸いです。

 


 

マネー・FPに関するメールマガジンを発行しています。
(全て無料・姉妹サイトのメールマガジン案内ページへ移動します)

 


▲このページ一番上に戻る