Financial Teacher System 6
FPのノウハウを結集した無料のライフプランシミュレーションソフト

閉じる

 

閉じる

定期収入/定期支出、臨時収入/臨時支出

定期収入

定期的な収入がある場合に、入力して下さい。
たとえば、不動産収入、副業的収入などが該当します。

通常はシンプル設定で利用してください。シンプル設定では対応できない細かな設定が必要になりましたら、詳細設定をご利用ください。
詳細設定にすると、1カ月単位での細かい設定ができるようになります。

詳細設定のほうでは、様々な発生頻度に対応しています。必要に応じて、下記のように入力してください。

1ヶ月ごとに発生するもの

例えば「10000円、1ヶ月ごと」と設定してください。

3ヶ月に1回発生するもの

3ヶ月ごとに5万円である場合には、例えば「50000円、3ヶ月ごと」と設定してください。

1年に1回発生するもの

例えば「50000円、12ヶ月ごと」と設定してください。年数を月数に換算して入力してください。

4年に1回発生するもの

例えば「200000円、48ヶ月ごと」と設定してください。年数を月数に換算して入力してください。

定期支出

同様に、定期的な支出がある場合に入力して下さい。
借入金の返済や、外部への仕送りなどが該当します。
毎月発生するものだけでなく、数か月に1度(または数年に1度)の頻度で発生するものも、ここで入力できます。

シンプル設定と詳細設定を使い分けられる点は、上記で説明している定期収入の場合と同じです。

 

臨時収入

相続による収入や、親戚からの資金贈与など、人生の中で一度・二度くらいしかないような収入を設定します。

なお、以下のものは専用のページから入力すると、より正確な金額計算を行うことができます。

設定した内容は、家計分析レポート内のキャッシュフロー表にも反映されます。

 

臨時支出

人生の中で一度・二度くらいしかないような、臨時的な支出が予定される場合に、設定できます。
例えば、子供への結婚資金援助、高額な旅行や車の購入、他人への贈与、などがあります。

なお、以下のものは該当のページから入力すると、より正確な金額計算を行うことができます。

設定した内容は、家計分析レポート内のキャッシュフロー表にも反映されます。

 


※このページは、ライフプランシミュレーションソフトFinancial Teacher Systemの機能紹介・操作解説ページです。

※頻繁なバージョンアップにより、本ページの記述・画面イメージの一部が古くなっている場合があります。お気づきの点・ご不明点がございましたら、お問い合わせのページよりお知らせください。

家計分析レポートサンプルのダウンロードはこちらから

 


 

マネー・FPに関するメールマガジンを発行しています。
(全て登録無料。姉妹サイトのメールマガジン案内ページへ移動します)

FPとして活動中の方、これからFPを目指す方ならどなたでもご参加いただける、facebook上のグループです。

 


▲このページ一番上に戻る