オフライン版(スタンドアロン版)を提供していない理由

当ソフトご利用者の皆様より、オフライン版(スタンドアロン版)を提供してほしいとの声を、たびたびいただいております。
※インターネットに接続していなくても利用できるソフトのことです

当ライフプランソフト開発チームとしては、皆様のご要望に積極的におこたえしながら開発を進めております。
しかしながらオフライン版に関しては、申し訳ございませんがを用意する予定はございません。

なぜなら、オフライン版を提供すると、次のようなデメリットが生じてしまうためです。

オフライン版だと、頻繁なバージョンアップを利用者の皆様が行うことになる

当ライフプランソフトは、毎週バージョンアップを行う開発体制を整えています。
これは、利用者のご要望を迅速に反映し、最短で翌週に実現できることを目指すためです。
毎週バージョンアップしても、皆様のパソコンやスマートフォンでソフトを更新する必要は一切ございません。なぜなら、開発チームで管理しているサーバーを更新するだけで済むからです。

ところがオフライン版にした場合、バージョンアップ作業は皆様のほうで行っていただく必要がございます。
ソフトのインストール作業やそれに付随する作業を行っていただくこととなり、ご面倒をおかけしてしまいます。
もし、皆様がソフトの更新を面倒に感じて古いバージョンを使い続けると、新しい便利な機能も使えず、不具合も改修されないバージョンを使い続けるというデメリットを背負うことになってしまいます。

便利な機能をスピーディにご提供するためには、現在のオンライン版(クラウド版)でなければ実現ができないのです。

オフライン版だと、利用者のサポートができなくなる

もしもオフライン版を提供した場合、バージョンアップのたびに世間で出回るソフトのバージョンが増えていってしまいます。
ソフト利用者をサポートする場合、利用者がどのバージョンのソフトを使っているのかを把握しなければ、適切なサポートができません。

当ライフプランソフトは、毎週のバージョンアップを特徴に掲げておりますが、これを前提にすると、1年間で数十のバージョンのソフトをリリースすることになります。
ソフト提供側としては、複数のバージョンを同時にサポートし続けるのはかなりの負担を背負ってしまいます。
このような背景もあるため、市販されているオフライン版のソフトでは、一般的に更新頻度が年に1度か2度程度に抑えられています。

また、オフライン版のソフトのサポート体制は、例えば「直近にリリースした3種類のバージョンのみサポートし、それ以前の古いバージョンはサポートしない」というルールとなっていることが一般的です。そうすると、毎週更新する当ソフトの場合は「3週間しかサポートがない」ということになり、利用者の皆様にご不便をおかけすることにもなってしまいます。
ソフト提供側としては、複数のバージョンをサポートし続ける

その問題を解消するためにも、当ライフプランソフトはオンライン版(クラウド版)で提供をしております。
オンライン版(クラウド版)だと、実質的に最新版のソフトしか存在しないことになります。そのため、いつも最新の1種類のバージョンだけをサポートすればよく、開発チームとしてもサポート体制を維持しやすくなるのです。

当ライフプランソフトの開発チームは、全員本業等を別で持ちながら、空き時間でこのソフトの開発とサポートを行っています。
限られたリソースの中でソフト利用者のサポートまで行うためには、オンライン版(クラウド版)でなければならないのです。

オフライン版だと、古いバージョンのデータの管理で困る

オフライン版では一般的に、ソフトで利用するデータを、利用者の皆様がお使いのパソコンやスマートフォンで保存することになります。
このデータを紛失してしまうと、ライフプランニングのデータを失ってしまうため、万一に備えたバックアップなどの作業も行っていただく必要があります。責任をもって、自分でデータの管理を行わなければなりません。

そしてもう一つ、厄介な問題があります。
それは、バージョンアップのたびに、ソフトで使用するデータの保存形式が変わってしまうことです。

オフライン版の場合、ソフト提供側は、複数バージョンのデータ形式を管理し続けなければなりません。
現在のバージョンが10だとすると、

というような対応を行う必要があります。

これを実現するためには、古いバージョンと互換性を維持するための、開発やテスト作業が必要になります。
当ソフトは毎週バージョンアップすることを掲げていますが、そうするとこの互換性管理作業が膨大になります。
このような互換性のために多大な労力を投じるなら、利用者が望む機能を開発したほうが、よほど利用者のためになるはずです。
したがって、このような面倒な問題を回避するために、開発チームとしてはオフライン版は用意しない方針でいるのです。

オフライン版だと、エラー発生時の自動修正対応ができない

オフライン版の利用時に万一エラーが発生しても、開発チームはそれを検知できません。
利用者からその報告をいただかないと、不具合解消のために行動することができないのです。

しかし現在のオンライン版(クラウド版)の場合だと、システムエラーが発生した場合、開発チームが管理しているインターネット上のサーバーが、エラーの詳細情報を自動的に収集します。
当ソフト開発チームは、それを見てソフトの修正を始めるため、最短でエラー発生の数時間後、ほとんどのケースでは4日後くらいにはソフトの修正が完了しています。

利用者の皆様は、いちいちエラー報告をする必要はありません。
エラーの発生すると自動的に開発担当者に通知が行く仕組みにもなっているので、エラー発生から修正対応まで、開発チームの中だけで完結させることができているのです。

エラーを早期に解消し、快適なライフプランニングを行っていただくためには、オンライン版(クラウド版)が望ましいと考えています。

【余談】市販のライフプランニングソフトの使い勝手は、なぜ悪いのか

市販のライフプランニングの多くは、オフライン版(スタンドアロン版)です。
インターネットにつながらなくても使える利便性はありますが、このページで述べた不便な点を抱えたままになります。
特に、利用者の要望をスムーズに反映されないことから、使い勝手がなかなか向上しない不満を感じられている方が多くいらっしゃいます。ソフトの維持管理やパソコンの買い替えのときにも、不便な思いをされる方も多くいらっしゃいます。

このような問題を解消する方法として、当開発チームはオンライン版(クラウド版)でご提供する方針なのです。
その他にも、オンライン版(クラウド版)である当ライフプランソフトのメリットは、当ライフプランソフトの特徴・メリットのページで詳しくご説明しています。

 

 

FP向けの勉強会を開催しています!

FPの方、お金のアドバイザーの方を対象に、実務力アップにつながる勉強会を開催しています。

当ライフプランソフトの活用勉強会(FPユーザー向け)

当ライフプランソフトの機能や使い方を学び、お客様にご満足いただけるコンサルティングの進め方も習得できます。
基礎から実践まで、3レベルに分かれています。

  • 10/24(日) FP相談の質と満足度を向上!ライフプランソフト基本操作勉強会
  • 10/24(日) ライフプランソフトで相談者の老後資金計画をサポートしよう!
顧客満足度を高めるFP実務勉強会

FPとしての実践的なスキルを身につけて、お客様の課題を解決し、お客様に喜んでもらえるFPを目指していく勉強会です。

  • 9/23(木・祝) 基礎から学ぶ! 65歳以降の社会保険と税金
  • 9/23(木・祝) 年金繰下げし過ぎで損する事例から学ぶ、税と社会保険の負担増
  • 10/11(月) FPの実務キャリア向上 オンライン スタディグループ
  • 11/7(日) 2025年問題を見据えた医療・介護保険の提案ノウハウを学ぼう
  • 11/7(日) 地方FPなら効果大!ラジオ出演と行政連携
  • 11/15(月) FPの実務キャリア向上 オンライン スタディグループ


当ソフト開発者が運営しているサイト「FP勉強会」へ移動します。

FPユーザー向けのメールマガジンを発行しています。SNSもフォローください!

このサイト全体から検索


▲このページ一番上に戻る