住宅ローンを返せるか、住み替え資金に無理がないかわかる!

無理のない住宅購入プランを検討できる

ライフプランソフト(家計シミュレーションソフト)Financial Teacher Systemは、銀行など金融機関で行っているのと同等の細かさで、住宅ローン返済シミュレーションができます。

住宅ローンの金利、頭金と借入額(銀行から借りる金額)などを入力するだけで、住宅ローンの返済グラフを確認できます。

無理のない返済計画であるかどうか、収入に占めるローンの返済割合が高すぎないかどうかも、一目瞭然です。

住宅ローンだけでなく、購入時の諸費用や、毎年かかる維持費、火災保険・地震保険・固定資産税も含めて、人生の中でかける住まい費用の総額まで計算します。
住まいにかかる費用の内訳表も、自動作成されます。

↑この例だと、生涯で住まいにかかる費用は9523万円とわかります。
働いて得る収入と年金収入の合計額が2億2025万円なので、今後の収入の43%を住まいにかけることになる、ということもわかります。

住み換えの資金計画も検討できる

住まいのパターンとして、賃貸、持家、老人ホーム、親族と同居、の4パターンをそれぞれ複数登録できます。
賃貸から持家の住み替えはもちろん、賃貸から別の賃貸、持家を売って別の持ち家に住む、持家を保有しながら老人ホームに住む、などの資金計画を確認することもできます。

様々な住まいの金額計算を行える

下記のような様々なケースにおいて、住まいにかかる金額を計算したり比較することができます。

上記の金額で把握できるだけでなく、自分の貯蓄額が維持できるかも同時に確認ができます

自分の貯蓄額が維持できるかどうかは、他サイトのシミュレーションでは行えないので、当ソフトを使う意義はここにあります。

【FP対象】住宅購入・住宅ローン相談でも活用できる

消費税の増税、住宅ローンの金利低下、地価上昇などの要因もあり、住宅を買うなら今のうちかな?と考える相談顧客が増えています。しかし相談顧客は、住宅ローンを最後まで返済できるのか、どのように資金計画を立てればよいのか、など不安を拭い切れないでいます。

当ライフプランソフトには、住宅相談のプロをサポートする機能が豊富にあります。
相談顧客の住まいに関する不安解消をサポートできます。

固定金利/変動金利に対応

多数回の繰上げ返済にも対応。期間短縮型/返済額軽減型にも対応

住宅ローン返済表も自動作成

団信を考慮した遺族キャッシュフロー表の作成が可能

持家を手放すときの費用と収入も設定可能

これら機能を駆使すれば、多様な顧客ニーズに応じた提案も可能です。
相談顧客に適した資金計画も、ご提案していただけます。

住まいの資金計画勉強会を定期的に開催

当ソフトを使って、住まいの資金計画の立て方を学ぶ勉強会も開催しています。
詳しくは、下記をご覧ください。

 

 

FP向けの勉強会を開催しています!

FPの方、お金のアドバイザーの方を対象に、実務力アップにつながる勉強会を開催しています。

当ライフプランソフトの活用勉強会(FPユーザー向け)

当ライフプランソフトの機能や使い方を学び、お客様にご満足いただけるコンサルティングの進め方も習得できます。
基礎から実践まで、3レベルに分かれています。

  • 10/24(日) FP相談の質と満足度を向上!ライフプランソフト基本操作勉強会
  • 10/24(日) ライフプランソフトで相談者の老後資金計画をサポートしよう!
顧客満足度を高めるFP実務勉強会

FPとしての実践的なスキルを身につけて、お客様の課題を解決し、お客様に喜んでもらえるFPを目指していく勉強会です。

  • 9/23(木・祝) 基礎から学ぶ! 65歳以降の社会保険と税金
  • 9/23(木・祝) 年金繰下げし過ぎで損する事例から学ぶ、税と社会保険の負担増
  • 10/11(月) FPの実務キャリア向上 オンライン スタディグループ
  • 11/7(日) 2025年問題を見据えた医療・介護保険の提案ノウハウを学ぼう
  • 11/7(日) 地方FPなら効果大!ラジオ出演と行政連携
  • 11/15(月) FPの実務キャリア向上 オンライン スタディグループ


当ソフト開発者が運営しているサイト「FP勉強会」へ移動します。

FPユーザー向けのメールマガジンを発行しています。SNSもフォローください!

このサイト全体から検索


▲このページ一番上に戻る