保険の見直しや、遺族生活資金もチェックできる!

家族死亡後の、遺族の生活資金をチェックできる

夫婦のうちの一方が、万が一死亡した場合に、遺族の生活資金が不足してしないかも、確認できます。

↑例えばこの例だと、夫が万が一亡くなると、遺族の貯蓄が10年ほどでなくなってしまうことがわかります。
生命保険の追加や生活費の見直しが、今すぐ必要だとわかります。

当ソフトを使えば、家族の万が一を想定し、遺族の生活資金対策もできます!

遺族年金も自動計算してくれる

遺族年金は複雑で、家族構成、働き方によって、もらえる金額が異なります。
しかし当ソフトでは、現実の年金制度に基づいて遺族年金の金額を計算し、分かりやすくグラフ表示します。

夫婦どちらのケースでも診断できる

夫が亡くなった場合、妻が亡くなった場合の両方を、同時にシミュレーションします。
共働き家庭の場合は、この両方をチェックすることが重要です。

生命保険の見直しができる

も、グラフで分かりやすく知ることができます。

遺族が長生きするほど、多くの資金が必要になることもわかります。
生命保険にあとどれくらい加入した方が良いのか、逆にどれくらい保険を減らせるかも、知ることができます。

保険に関する様々な要素を計算に組み込める

例えば、下記の内容も、収入や支出に組み込んでシミュレーションできます。

 

【FP向け】保険の相談でも活用できる

当ライフプランソフトは、以下のような機能もあり、保険の相談でもご活用いただけます。

保険を整理するのに便利

契約中の保険・今後契約の保険を含め、保障内容を整理した一覧表を作成できます。

見直し前後を比較し、過不足のない保険提案ができる

現状のシミュレーションと、保険見直し後のシミュレーションを比較でき、説得力のある説明ができます。

複雑な保険商品にも対応

当ライフプランソフトは、生命保険、個人年金、医療保険、学資保険などあらゆる保険を扱えます。さらに、死亡保障付き医療保険や、個人年金付介護保険など、多様で複雑な保険商品も、かんたんスピーディに入力できます。

 

 

FP向けの勉強会を開催しています!
(Zoom参加OK! 録画配信も実施中!)

当ライフプランソフトの活用勉強会(FPユーザー向け)

ソフトの機能や使い方を学び、お客様にご満足いただけるコンサルティングの進め方も習得できます。基礎から実践まで、4レベルに分かれています。

  • 6/25(日) FP相談の質と満足度を向上!ライフプランソフト基本操作勉強会
  • 6/25(日) FP業務で使うライフプランソフト 活用ノウハウ共有会
顧客満足度を高めるFP実務勉強会

お客様に価値あるFP業務を行うための、実務で役立つスキルを学べる勉強会です。

  • (次回の開催が決まり次第、ご案内いたします)


当ソフト開発者の運営サイト「FP勉強会」へ移動します。

FPユーザー向けのメールマガジン・SNSもあります。

当ライフプランソフト開発にご協力いただける、ウェブデザイナーとウェブプログラマーを募集しています。詳しくはこちら

このサイト全体から検索


▲このページ一番上に戻る