閉じる

閉じる

ライフプランソフト(ライフプランシミュレーションシステム)の開発、導入、技術支援のご相談

金融機関、事業会社、NPO法人にて、ライフプランソフトやライフプランシミュレーションシステムの開発、導入をご検討されているケースが、ここ最近増加しています。
例えば、下記のような相談も増えています。

このようなライフプランソフト(ライフプランシミュレーションシステム)の開発、導入、技術支援等のご相談を承っています。

意外と苦労の多い、ライフプランニングシステム開発

一人一人に合った金融サービスを提供していくうえでも、ライフプランニングの考え方は非常に大切です。
しかし開発を担当する方は、年金、保険、税金、ファイナンス理論、その他お金に関する法律や税制を幅広く深く熟知していることが必要です。
また、毎年の制度改正などを、都度反映しなければなりません。

そのうえで、開発するエンジニア側にも、将来の制度改正を念頭に置いて改変しやすい仕組みで開発すること(アーキテクチャ設計)が求められます。
例えば、会社員の年収、老後年金の金額、毎年の税金と社会保険料の計算式は、互いにつながっています。
ソフトの設計方針によっては、これら計算式をつないだり切り離したりすることもあります。
必要に応じて、このつなぎや切り離しがしやすい仕組みで開発すること(現実の金融制度に合致したコンポーネント化)も求められます。

金融の現場にいる人は、金融に強いがシステム開発には弱い。
一方で開発者側は、システム開発の経験は豊富なものの、金融知識を持っていない。

したがって、ライフプランニングの開発にあたっては、金融とITの両方の知見を持つ人物が、双方の橋渡しを担うことが重要です。
それにより、望まれるライフプランシミュレーションシステムを、早期に開発し、永続的にメンテナンスも続けることができます。

ライフプランシステムの豊富なノウハウで、開発実務をサポート

当ライフプランソフト開発チーム代表の佐藤は、この双方の間に入り、ライフプランシミュレーションの開発を円滑に進めた経験もあります。
保険、証券、不動産、相続、税務など幅広くライフプランニング&関連するシミュレーションシステムの開発に関わってきました。(詳しい経歴・実績は開発チーム代表の紹介のページをご覧ください)

ライフプランシミュレーション企画担当者とは、次のようなやり取りができます。

ライフプランシミュレーション開発担当者とは、次のようなやり取りができます。

開発、導入、技術支援のご相談を承っています

以上の経験をもとに、ライフプランソフト(ライフプランシミュレーションシステム)の開発、導入、技術支援等のご相談を承っています。
どのようなかたちでご協力できるかも、個別に相談を承っています。
ご相談をご希望の方は、相談事項の概略やご希望について、お問い合わせのページよりご連絡ください。

参考までに、下記のリンクもご覧いただけますと幸いです。

 

 

FP向けの勉強会を開催しています!

FPの方、お金のアドバイザーの方を対象に、実務力アップにつながる勉強会を開催しています。

当ライフプランソフトの活用勉強会(FPユーザー向け)

当ライフプランソフトの機能や使い方を学び、お客様にご満足いただけるコンサルティングの進め方も習得できます。
基礎から実践まで、3レベルに分かれています。

  • 10/24(日) FP相談の質と満足度を向上!ライフプランソフト基本操作勉強会
  • 10/24(日) ライフプランソフトで相談者の老後資金計画をサポートしよう!
顧客満足度を高めるFP実務勉強会

FPとしての実践的なスキルを身につけて、お客様の課題を解決し、お客様に喜んでもらえるFPを目指していく勉強会です。

  • 9/23(木・祝) 基礎から学ぶ! 65歳以降の社会保険と税金
  • 9/23(木・祝) 年金繰下げし過ぎで損する事例から学ぶ、税と社会保険の負担増
  • 10/11(月) FPの実務キャリア向上 オンライン スタディグループ
  • 11/7(日) 2025年問題を見据えた医療・介護保険の提案ノウハウを学ぼう
  • 11/7(日) 地方FPなら効果大!ラジオ出演と行政連携
  • 11/15(月) FPの実務キャリア向上 オンライン スタディグループ


当ソフト開発者が運営しているサイト「FP勉強会」へ移動します。

FPユーザー向けのメールマガジンを発行しています。SNSもフォローください!

このサイト全体から検索


▲このページ一番上に戻る