ファイナンシャルプランナー(FP)のノウハウを結集した、無料のライフプランシミュレーションソフト Financial Teacher System 5

開発チーム代表の紹介

FPとITの両方の実務に強み

ライフプランソフト開発チーム代表の佐藤潔之と申します。
私がこのライフプランソフトを開発・監修しています。

普段は、FPとITの実務知識・技能を活用し、金融業界の様々なシステム開発を手掛けています。
Windows、.NET、SQLServerなどMicrosoft系技術を15年以上専門にしており、システム開発会社への技術コンサルティングも手掛けています。

過去には、以下のようなシステム開発に関わってきました。

保有資格

高度な技術力と実務ノウハウを結集し、スピーディに開発いたします

当ライフプランソフトは、「FPのノウハウを結集した無料のライフプランソフト」のコンセプトで開発を継続しています。
代表である佐藤を中心として、多くのFPの皆様と協力しながら、さまざまな機能を追加・見直しをしています。

複雑で高度な処理をするシステムであっても、利用者がスピーディに最少の操作でやりたいことを実現しつつ、かつシステム内部をシンプルな設計に保つよう、工夫して開発しています。
FPの皆様には、実務上使えるライフプランソフトの改善アイデアを出していただいています。それをソフト開発として実現するのは、ファイナンシャルプランニングを十分理解したシステムエンジニアです。
(FPの皆様は、ご意見ご要望を出していだくだけでOKです)

通常のシステム開発現場においては、金融コンサルタントが、金融実務知識を持たないシステムエンジニアに開発を依頼しています。
そのため、金融コンサルタントがシステムエンジニアに、業務内容や金融知識を一から十まで伝えなければ、望み通りのシステムは開発できません。金融コンサルタントが当たり前と思っていることも、システムエンジニアに伝えなければ欠けてしまい、思いがけずとんちんかんなシステムが出来上がることも多々あります。

他のライフプランソフトでは、ファイナンシャルプランニングの知識が欠けた開発者によって開発されているソフトも多くあります。
しかし当ライフプランソフトは、ファイナンシャルプランニングを十分理解したシステムエンジニアが開発を担当しています。

金融コンサルタントと対等に会話もできるレベルの技術者が、FPの皆様と情報交換もして、自身でプログラム開発をもこなします。

そのため、他のライフプランソフト以上に、精度の高いソフトを、短時間で開発することが可能なのです。
ここが、市販ソフトを含め他のライフプランソフトより優位性を持つ、大きな強みです。

ボランティアベースだが一番使えるソフトを目指したい

よりよいライフプランソフトを作りたいと考える有志が集まり、ボランティアベースで当ライフプランソフトを開発をしています。
日常の忙しい合間で活動していますが、「FPのノウハウを結集した無料のライフプランソフト」のコンセプトに沿って、今後も開発を続けていきます。

 


 

マネー・FPに関するメールマガジンを発行しています。
(全て無料・姉妹サイトのメールマガジン案内ページへ移動します)

 


▲このページ一番上に戻る