×

×

遺族生活設定

世帯主が亡くなった場合、または配偶者が亡くなった場合に、発生する支出額、収入額を設定できます。
メインメニューの「遺族生活設定」の画面で、設定できます。

遺族生活設定画面の表示方法

メインメニューの一番下の方にある「シミュレーション結果を表示する」ボタンを押して、シミュレーション結果画面を表示します。

シミュレーション結果画面の下部にある「家族が万が一の場合のシミュレーションも行う」にチェックを入れます。
その後、「家族万が一の設定メニューへ」ボタンを押します。

家族万が一の設定メニューが表示されます。「遺族生活設定を入力」の設定ボタンを押すと、遺族生活設定画面を表示できます。

葬儀とお墓の費用

死亡後の、葬儀にかかる費用と、お墓に関する費用を入力します。

「葬儀・お墓に関する費用の平均額」の欄で、地域ごとの平均額を参考にしながら、入力することもできます。

遺族キャッシュフロー表への反映

葬儀とお墓の費用、死亡退職金の金額は、いずれも家計分析レポート内の「遺族キャッシュフロー表」のページに反映されます。
※死亡退職金は、死亡保険金と合算されて死亡年度に計上されます。

日常生活費の変化

死亡後は、遺族の生活費に変化が出るのが一般的です。
家族の人数が減ることによって、生活費が減少することもあります。
ファイナンシャルプランナー業界では一般的に、現状の70%〜80%の生活費になると見積もることが多いです。

逆に、家事をこなしてくれた家族がいなくなることで家事代行サービスを利用したり、子供の面倒を見てもらうための費用が追加でかかるケースもあります。

自分の場合はどちらになるかを思いを巡らせて考え、生活費の変化を見積もってください。

変化する金額が具体的にわかっている場合は、現状との差分の金額で指定もできます。
その場合は、現状より2万円下がるなら「-20000」と、3万円増えるならは「30000」と、現状との差分の金額を入力して下さい。

配偶者が亡くなった場合の設定

世帯主だけでなく、配偶者が亡くなった場合の設定もこの画面で行えます。
世帯主と同じ設定にするか、配偶者の場合を個別に設定するかを選択できます。

 

レポートに反映されている内容について

下記のレポート内容の説明ページをご覧ください。

 


※頻繁なバージョンアップにより、本ページの記述・画面イメージの一部が古くなっている場合があります。お気づきの点・ご不明点がございましたら、お問い合わせのページよりお知らせください。

家計分析レポートサンプルのダウンロードはこちらから

 

 

ライフプラン応援隊
(個人ユーザーへのサポート企画)

みなさんの人生が豊かになることを、心から応援するFPの集まりです。
役立つマネーの情報、ライフプランソフトの活用法をお届けしたり、セミナーなどイベントを企画しています。

FPユーザー向けの勉強会も開催中!
(Zoom参加OK・録画配信あり)

当ライフプランソフトの操作方法や、FP業務への活用について学べる勉強会:

  • 6/23(日) ライフプランデータを顧客とFPで共有し、相談で活用する方法

FPの実践スキルを楽しく学べる、FP実務勉強会:

  • 5/26(日) 基礎から学ぶ! 65歳以降の社会保険と税金(2024年版)
  • 5/26(日) 年金繰下げし過ぎで損する事例から学ぶ、税と社会保険の負担増
  • 6/23(日) 相続の相談業務を体験し、プロの相続実務の感覚をつかもう!


「FP勉強会」の公式サイトへ移動します。

FPユーザー向けのメールマガジン・SNSもあります。


▲このページ一番上に戻る