Financial Teacher System 6
FPのノウハウを結集した無料のライフプランシミュレーションソフト

閉じる

 


どなたでも参加できる、FPに関するfacebookグループです。

このサイト内を検索

閉じる

老後生活に必要な資産額(家計分析レポート)

老後に備えて、いつの時点でどれくらいの資産額が必要なのかを、計算して表示しています。

このページの意義

世間では、「65歳から95歳まで生きるのに2000万円が必要」や「老後に備えて最低3000万円あればよい」などの情報があふれています。
年金収入だけで老後を暮らしていくことは難しくなる可能性がありますが、ある一定以上の資産があれば、それを取り崩しながら安定した老後を送ることはできます。

このレポートページには、老後に必要な金額を一人一人の人生設計・ライフプランニングに基づいた計算結果を表示しています。

世間で話題になっている金額は、あてにならない その1

世間をにぎわせている「老後に備えて2000万円必要」という言葉は、正確さに欠けており、誤解を多く生んでいる言葉でもあります。

というのも、その金額が80歳まで生きるのに必要な金額なのか、それとも100歳まで生きるのに必要な金額なのか、が示されていないケースがあります。
長く生きると、当然ですがその分の生活費はかかるので、備えておくべき金額は高くなります。
「何歳まで生きるのに必要な金額なのか」は重要な前提事項であり、この前提があやふやであれば、「老後に2000万円必要」と言われても、信頼できる金額とは言えません。

また、「老後に備えて2000万円必要」と言われても、それが60歳時点で必要な金額なのか、それとも今の時点で必要な金額なのか、も不明確です。
「何歳時点で必要な金額なのか」も重要な前提事項であり、この前提が示されていなければ、信頼できる情報とは言えません。

ですので、「いつの時点で、何歳まで生きるのか」という前提を置かないと、参考にできる金額とは言えないのです。

世間で話題になっている金額は、あてにならない その2

次に、「いつの時点で、何歳まで生きるのか」が明確になっても、世間で話題になっている「老後に備えて2000万円必要」という金額は信ぴょう性に欠ける数字です。

というのも、これら新聞やネット記事で紹介されている数字は、全国平均値を使った試算であったり、あるサンプル家族を例にとって試算したものであるからです。
しかし、全国平均値や記事のサンプル家計と同じ収入、支出、暮らし方、家族構成まで同一であることは、まずありえないでしょう。
本来は、一人一人の事情をしっかり考慮して計算しないと、信頼できる金額にはならないはずです。

当ソフトは、一人一人の人生設計をもとに、金額を計算している

以上のような問題点を当ソフトでは解消し、

を実現し、その計算結果をレポートのこのページで表示しています。
レポート内の キャッシュフロー表 のページに記載の金額をもとに計算をしていますので、一人一人の金額を精度高く計算できるのです。

 

このページの見方

このページでは、老後必要な資産額について、複数パターンの計算を行っていますので、この中から参考にしたい情報をご覧いただけるようになっています。
(計算されるパターンは、ソフトに登録した情報により異なります)

例えば、上記のレポート結果を例にとって説明します。

赤い折れ線グラフは、世帯主が90歳まで生存する場合の必要資産額を示しています。
(この「90歳」という年齢は、実際にはソフトに登録した情報により異なる年齢となります)
この赤い折れ線グラフの 「1」の箇所は、世帯主が65歳時点で必要な資産額を表しており、「90歳まで生きる前提では、65歳時点で3800万円ほど必要」ということが分かります。

緑の折れ線グラフは、世帯主が78歳まで生存する場合の必要資産額です。
(この「78歳」という年齢は、実際にはソフトに登録した情報により異なる年齢となります)
同様に「2」の個所を見ると、「78歳まで生きる前提では、65歳時点で2000万円ほど必要」ということが分かります。
一般的には、長生きするほど、必要な資産額は多くなる傾向があります

また、将来時点ではなく、今時点で必要な資産額も計算されています。
「3」の個所を見ると、「90歳まで生きる前提では、現時点で3000万円ほど必要」ということが分かります。

「年齢時点で必要な資産額」を表しています

このページの折れ線グラフの金額は、「〇〇歳時点で〇〇万円の資産がなければならない」という、将来時点での資産額を表しています。

「〇〇歳時点までにあと〇〇万円貯蓄しなければならない」という意味の金額ではありません。
この趣旨を間違えないよう、ご注意ください。

 

老後の必要資産額に、供えられているかのチェック方法

老後に必要な資産額を超えて、貯蓄できる見込みがあるかどうかもチェックできます。

薄いオレンジ色で塗られたグラフは、将来の資産額をシミュレーションして計算した金額です。
(キャッシュフロー表のページの年初金融資産額を表しています)

このオレンジ色の領域が、赤色と緑色のそれぞれの折れ線グラフより上に位置していれば、

老後に必要な貯蓄額を、貯められる見込みがある

ことを示していることになります。

上の図の「OK」と示した箇所では、78歳まで生きる場合(緑色のグラフ)なら、60歳時点で1200万円ほど必要であることが示されています。
しかしその金額以上に資産を保有している(オレンジ色のグラフ=約2000万円)ことが計算されていますので、問題ないと言えます。

次に上図の「NG」と示した箇所では、もっと長生きして90歳まで生きる場合(赤色のグラフ)に、60歳時点で3000万円ほど必要であることが示されています。
ところが資産額(オレンジ色のグラフ)が2000万円しかないを考えると、将来の貯蓄が不足することが分かります。
必要な試算額に到達していないということは、将来にどこかで、資産が底をつくということでもあります。
家計破綻せずに90歳まで長生きすることを考えると、より一層支出を減らすか、収入を増やす必要があることが、このページから分かるようになっています。

また、グラフの一番左の数値を見れば、今時点で資産額が十分にあるかどうかも分かります。
将来の心配よりも、今の時点で大丈夫かを見るなら、グラフ一番左の数値で判断してください。

レポートのこのページでは、将来に必要な試算額がわかるだけではなく、その資産額に到達できる可能性があるのかまで、分かるようになっています。

家計破綻していないことが大前提

薄いオレンジ色のグラフ(将来予測される資産額)が途中で0を下回っている(オレンジ色のグラフ領域が消えている)箇所があると、その時点で貯蓄が完全になくなる(家計破綻を迎えてしまう)ことを表しています。

家計破綻の箇所が1か所でもあると、このページの金額がそもそも意味を持たなくなります
なぜなら、 貯蓄が底をついても計画通りの支出をする生活など、実現不可能だからです。
したがって、家計破綻になっているなら、「老後に備えていくら必要か」を考える前に、家計破綻にならないことを考える方が先なのです。

 

「老後に〇〇円が必要」よりも「家計破綻しないこと」を重視しよう

そもそも、家計破綻にならない家計シミュレーション結果が得られれば、「老後に〇〇円必要」という金額にこだわる必要はなくなります。

上図のように、家計分析レポートの「年間収支と資産残高」のページで、資産額が将来にわたって一度も0を下回らない(一度も家計破綻にならない)場合は、「老後生活に必要な資産額」ページにおいて、下図のように必要な資産額を上回る貯蓄額を達成できていることもわかります。

つまり、家計破綻にならない前提なら、老後に必要な金額が分かったと同時に、その条件は必ずクリアできるのです。
つまり、レポートのどちらのページでも、家計破綻になるかどうかをチェックできるわけです。

ですから、老後に必要な金額を気にするよりも、生涯にわたって家計破綻にならない人生設計を描くことの方が重要なのです。

利用者の皆様には、この点をぜひご理解いただき、メディアの情報で必要以上に不安にならないよう、将来を乗り切る家計を作っていただきたいと考えています。

 


※このページは、ライフプランシミュレーションソフトFinancial Teacher Systemの機能紹介・操作解説ページです。

※頻繁なバージョンアップにより、本ページの記述・画面イメージの一部が古くなっている場合があります。お気づきの点・ご不明点がございましたら、お問い合わせのページよりお知らせください。

家計分析レポートサンプルのダウンロードはこちらから

 

マネー・FPに関するメールマガジンを発行しています。
(全て登録無料。姉妹サイトのメールマガジン案内ページへ移動します)

FPとして活動中の方や、これからFPを目指す方もご参加いただける、facebook上のグループです。

Financial Teacher Systemのfacebookページ


▲このページ一番上に戻る