×

×

保険:世帯主・配偶者死亡後の契約設定(FPユーザー向け)

世帯主(配偶者)が死亡した後に、保険を解約するか、継続するか、を設定することができます。

「世帯主・配偶者死亡後の契約設定」画面の開き方

メインメニューから「保険を入力」を選びます。
(下記画面イメージの下のほうにあります)

 

保険の一覧画面が表示されます。画面右上の「画面設定」ボタンを押します。

 

「この画面の設定」というポップアップが出ます。
「家族死亡後の契約設定」の項目で「表示する」を選び、設定ボタンを押してください。

 

すると、保険一覧画面に「世帯主・配偶者死亡後の契約設定」のボタンが表示されます。
そのボタンを押すと、「世帯主・配偶者死亡後の契約設定」画面が開きます。

「世帯主・配偶者死亡後の契約設定」画面の操作

それぞれの保険で、世帯主死亡時の契約状況、配偶者死亡時の契約状況を設定できます。

上記は、世帯主が被保険者である保険の例です。

世帯主が被保険者である場合には保険契約は当然に終了します。そのような場合は、解約/継続を選択することはできません。(上記画面イメージの「世帯主死亡後の契約」の欄がこのケースに該当します)

解約返戻金の登録

保険を解約する場合、その解約返戻金の金額を登録できます。
解約返戻金は自動計算されないので、想定される金額を入力してください。

初期設定動作

初期設定では、全ての保険で下記のように設定されています。

  1. 死亡することとなる世帯主または配偶者が、被保険者である場合は、その保険は契約終了としてシミュレーションされる
  2. 死亡することとなる世帯主または配偶者が、被保険者ではないが、契約社もしくは保険金受取人となっている場合は、その保険は解約とするとしてシミュレーションされる
  3. 1にも2にも該当しない場合は、その保険は契約継続するとしてシミュレーションされる

この初期設定を変更したい場合は、この画面で保険の契約状況を設定してください。

レポート内容への反映について

キャッシュフロー表のページへの反映

この画面で「解約する」を選択すると、遺族キャッシュフロー表にその保険の保険料は支出として計上されなくなります。
解約返戻金を登録していれば、遺族キャッシュフロー表の「保険の生存給付金」の欄に収入として反映されます。

「万が一のことがあった場合」ページへの反映

レポートの「世帯主に万が一のことがあった場合」「配偶者に万が一のことがあった場合」のページにも、解約/継続どちらを設定したかが記載されます。解約返戻金を登録した場合は、その金額も表示されます。

 


※頻繁なバージョンアップにより、本ページの記述・画面イメージの一部が古くなっている場合があります。お気づきの点・ご不明点がございましたら、お問い合わせのページよりお知らせください。

家計分析レポートサンプルのダウンロードはこちらから

 

 

ライフプラン応援隊
(個人ユーザーへのサポート企画)

みなさんの人生が豊かになることを、心から応援するFPの集まりです。
役立つマネーの情報、ライフプランソフトの活用法をお届けしたり、セミナーなどイベントを企画しています。

FPユーザー向けの勉強会も開催中!
(Zoom参加OK・録画配信あり)

当ライフプランソフトの操作方法や、FP業務への活用について学べる勉強会:

  • 6/23(日) ライフプランデータを顧客とFPで共有し、相談で活用する方法

FPの実践スキルを楽しく学べる、FP実務勉強会:

  • 5/26(日) 基礎から学ぶ! 65歳以降の社会保険と税金(2024年版)
  • 5/26(日) 年金繰下げし過ぎで損する事例から学ぶ、税と社会保険の負担増
  • 6/23(日) 相続の相談業務を体験し、プロの相続実務の感覚をつかもう!


「FP勉強会」の公式サイトへ移動します。

FPユーザー向けのメールマガジン・SNSもあります。


▲このページ一番上に戻る