Financial Teacher System 7
FPのノウハウを結集した無料のライフプランシミュレーションソフト

閉じる

 


どなたでも参加でき、FPに関する情報交換ができます。

このサイト全体から検索

閉じる

保険:世帯主・配偶者死亡後の契約設定(FPユーザー向け)

登録したそれぞれの保険に対して、世帯主(配偶者)が死亡した後に解約するか、継続するか、を設定することができます。

設定画面の開き方

メインメニューから「加入保険を入力」を選び、保険の一覧画面を表示します。
保険一覧画面の「▼詳細表示・変更・削除」を押します。

すると下記のように、各保険の詳細情報が表示されます。

この詳細表示の中にある「世帯主・配偶者死亡後の契約」の項目で、設定を行えます。

 

世帯主(配偶者)死亡後の保険契約

それぞれの保険で、世帯主死亡時の契約状況、配偶者死亡時の契約状況を設定できます。

上記は、世帯主が被保険者である保険の例です。

世帯主が被保険者である場合には保険契約は当然に終了します。そのような場合は、解約/継続を選択することはできません。(上記画面イメージの「世帯主死亡後の契約」の欄がこのケースに該当します)

解約返戻金の登録

保険を解約する場合、解約返戻金があれば、その金額を登録することができます。
解約返戻金は自動計算されないので、想定される金額を入力してください。

レポートへの影響

「解約する」を選択すると、遺族キャッシュフロー表にその保険の保険料は計上されなくなります。
解約返戻金を登録していれば、遺族キャッシュフロー表の「保険の生存給付金」の欄に反映されます。

レポートの「世帯主に万が一のことがあった場合」「配偶者に万が一のことがあった場合」のページにも、解約/継続どちらを設定したかが記載されます。解約返戻金を登録した場合は、その金額も表示されます。

初期設定動作

初期設定では、全ての保険で下記のように設定されています。

この初期設定を変更したい場合は、この画面で保険の契約状況を設定してください。

 


※このページは、ライフプランシミュレーションソフトFinancial Teacher Systemの機能紹介・操作解説ページです。

※頻繁なバージョンアップにより、本ページの記述・画面イメージの一部が古くなっている場合があります。お気づきの点・ご不明点がございましたら、お問い合わせのページよりお知らせください。

家計分析レポートサンプルのダウンロードはこちらから

 

マネー・FPに関するメールマガジンを発行しています。
(全て登録無料。姉妹サイトのメールマガジン案内ページへ移動します)

FPとして活動中の方や、これからFPを目指す方もご参加いただける、facebook上のグループです。

Financial Teacher Systemのfacebookページ


▲このページ一番上に戻る