閉じる

閉じる

この金額はどこに入力すればよい?

様々な収入、支出の入力について、ソフト上のどの場所に入力すればよいかをまとめています。入力に迷った場合の参考にして下さい。

障害年金の収入

定期収入の欄に入力するとよいでしょう。
定期収入の欄に入力した内容は非課税収入として取り扱われます。

出産手当金や育児休業給付金

育児休業給付も出産手当金も、給付金の金額を計算して、定期収入に入力するのがよいでしょう。
上記の給付金はいずれも非課税の取り扱いですが、定期収入に入力した金額は非課税収入として扱われるためです。

介護にかかる支出

定期支出の欄に入力するとよいでしょう。
介護が必要となる期間だけ、日常生活費を増額して入力する方法もあります。

以上は、次のいずれの場合にも適しています。

住宅ローン以外のローン(借入金)

2021年11月現在、ローン(借入金)専用の画面がございません。
(その後のバージョンアップで対応を検討いたします)

そのため、次のようにしてご利用ください。

最初に借入金の現金収入・振り込み等がある場合

例えば、教育ローンや消費者金融からの借り入れなど、最初にまとまって借入金を入手し(現金で入手・銀行口座振込など)、その後、返済をしていく場合です。

まず、最初にまとまって入手する借入金は、臨時収入として入力するとよいでしょう。

その後の返済は、定期支出に入力するとよいでしょう。
返済の期間、返済額を入力することで、長期にわたる返済をシミュレーションできます。

定期的な返済のみ生じる場合

車の分割払いなど、借入の最初に借入額の収入がない場合です。

その場合は、定期的な返済について、定期支出に入力するとよいでしょう。
返済の期間、返済額を入力することで、長期にわたる返済をシミュレーションできます。

 


※頻繁なバージョンアップにより、本ページの記述・画面イメージの一部が古くなっている場合があります。お気づきの点・ご不明点がございましたら、お問い合わせのページよりお知らせください。

家計分析レポートサンプルのダウンロードはこちらから

 

 

FP向けの勉強会を開催しています!

FPの方、お金のアドバイザーの方を対象に、実務力アップにつながる勉強会を開催しています。

当ライフプランソフトの活用勉強会(FPユーザー向け)

当ライフプランソフトの機能や使い方を学び、お客様にご満足いただけるコンサルティングの進め方も習得できます。
基礎から実践まで、3レベルに分かれています。

  • 5/29(日) 複雑な収入支出のFP相談に対応できる!ライフプランソフト実践
  • 5/29(日) ライフプランソフトの便利機能で、FP相談の付加価値を高めよう!
顧客満足度を高めるFP実務勉強会

FPとしての実践的なスキルを身につけて、お客様の課題を解決し、お客様に喜んでもらえるFPを目指していく勉強会です。

  • 5/15(日) FP6分野の最新改正&実務力アップ勉強会 (2022/5月度)
  • 6/12(日) 基礎から学ぶ! 65歳以降の社会保険と税金
  • 6/12(日) 年金繰下げし過ぎで損する事例から学ぶ、税と社会保険の負担増
  • 6/19(日) FP6分野の最新改正&実務力アップ勉強会 (2022/6月度)


当ソフト開発者が運営しているサイト「FP勉強会」へ移動します。

FPユーザー向けのメールマガジンを発行しています。SNSもフォローください!

このサイト全体から検索


▲このページ一番上に戻る