Financial Teacher System 7
FPのノウハウを結集した無料のライフプランシミュレーションソフト

閉じる

閉じる

変動率(金利・物価上昇率)の設定

この画面では、それぞれの家計プランにおいて、預貯金の金利や物価上昇率などを設定できます。
メインメニューの「変動率を設定」を押すと、変動率の設定画面が表示されます。

各変動率の設定

教育費・日常生活費の変動率

1年ごとに、教育費、日常生活費がどれくらい値上がり(値下がり)するか、また預貯金が1年でどれくらい増えるかを指定します。

初期状態では、全ての変動率は0に設定されています。
特に変化させる事情がなければ、通常は0の数値を指定しておいてください。

物価の上昇や生活スタイルの変化などの理由で、毎年少しずつ生活費が上昇すると考える場合は0より大きい数値を指定してください。例えば0.5%と入力すると、日常生活費が毎年0.5%ずつ上昇するよう計算されます。
逆に、毎年生活費が減少していくと考える場合は、マイナスの数値を指定してください。例えば-0.5%と入力すると、日常生活費が毎年0.5%ずつ減少するよう計算されます。

レポート表示(教育費と日常生活費の変動率設定)

設定した変動率により、レポートに表示される金額に変動が生じます

例えば、日常生活費の変動率を、0%にしたときと1%にした時では、家計分析レポートのキャッシュフロー表のページで、次のような差が出ます。

変動率を設定すると、その金額が毎年、指定した割合ずつ上昇または下落したシミュレーションを行えます。

教育費の変動率も同様に、設定すると、教育費の金額をさらに変動させることができます。

レポート表示金融資産の変動率(運用利回り)

毎年の金融資産の額(預貯金等の金額)に対する利回りです。一般的には、銀行の普通預金や定期預金の利率を設定します。

変動率を設定しないほうが良い場合

次のような場合には、変動率を0に設定してください。
0に設定することで、変動率を考慮しないシミュレーションができます。

変動率の使いどころ

変動率をどのように設定するかは、プランごとに予測をして決めるものです。
将来の家計を少し厳しくみてシミュレーションする場合は、収入に関する変動率は低めに、支出に関する変動率は高めに設定するとよいでしょう。

 


※頻繁なバージョンアップにより、本ページの記述・画面イメージの一部が古くなっている場合があります。お気づきの点・ご不明点がございましたら、お問い合わせのページよりお知らせください。

家計分析レポートサンプルのダウンロードはこちらから

 

マネー・FPに関するメールマガジンを発行しています。
(全て登録無料。姉妹サイトのメールマガジン案内ページへ移動します)

FPとして活動中の方や、これからFPを目指す方もご参加いただける、facebook上のグループです。

このサイト全体から検索したい場合はこちら


▲このページ一番上に戻る