×

×

変動率(金利・物価上昇率)の設定

この画面では、それぞれの家計プランにおいて、預貯金の金利や物価上昇率などを設定できます。
メインメニューの「変動率を設定」を押すと、変動率の設定画面が表示されます。

各変動率の設定

下記の画面で、変動率を設定します。

教育費、日常生活費がどれくらい値上がり(値下がり)するか、また預貯金の利息がどれくらい得られるかを指定します。

設定した変動率により、レポートに表示される金額に変動が生じます
初期状態では、全ての変動率は0に設定されています。
特に変化させる事情がなければ、通常は0の数値を指定しておいてください。

教育費・日常生活費の変動率

などの理由で、毎年少しずつ金額が上昇すると考える場合は0より大きい数値を指定してください。例えば「日常生活費の変動率」に0.5%と入力すると、日常生活費が毎年0.5%ずつ上昇するよう計算されます。

逆に、毎年金額が減少していくと考える場合は、マイナスの数値を指定してください。例えば-0.5%と入力すると、毎年0.5%ずつ減少するよう計算されます。

レポート(キャッシュフロー表)への反映計算例

とした場合に、キャッシュフロー表に表示される日常生活費の計算例です。

世帯主が36歳の年の日常生活費は、次のように計算されています。

570×1.0048=572.7 → 573(小数点以下第1位を四捨五入して表示)

世帯主が37歳の年の日常生活費は、次のように計算されています。

570×1.0048×1.0048=575.5 → 576(小数点以下第1位を四捨五入して表示)

世帯主が43歳の年の日常生活費は、次のように計算されています。

600×1.0048×1.0048×1.0048×1.0048×1.0048×1.0048×1.0048×1.0048=623.4 → 623(小数点以下第1位を四捨五入して表示)

このように、もともと設定されている生活費に、経過した年数の数だけ変動率を掛け算して、算出しています。

現預金の金利

一般的には、銀行の普通預金や定期預金の利率を設定します。
キャッシュフロー表では「現預金の利息」の欄に反映されます。

以下は、現預金の金利を0.1%と設定した場合のシミュレーション結果です。

2023年の「現預金の利息」は、次のように計算されています。

年初の現預金の額=1078
年初の現預金の額+現預金の変動=1562

このうちの少ないほうの金額に、変動率0.1%をかけて、
1078×0.001=1.0 → 1(小数点以下第1位を四捨五入)

2024年の「現預金の利息」は、次のように計算されています。

年初の現預金の額=1563
年初の現預金の額+現預金の変動=1129

このうちの少ないほうの金額に、変動率0.1%をかけて、
1129×0.001=1.0 → 1(小数点以下第1位を四捨五入)

なお、上記計算式で「現預金の利息」がマイナスとなる場合は、その額を0として取り扱います。

変動率を設定しないほうが良い場合

次のような場合には、変動率を0に設定してください。
0に設定することで、変動率を考慮しないシミュレーションができます。

変動率の使いどころ

変動率をどのように設定するかは、プランごとに予測をして決めるものです。
将来の家計を少し厳しくみてシミュレーションする場合は、収入に関する変動率は低めに、支出に関する変動率は高めに設定するとよいでしょう。

 


※頻繁なバージョンアップにより、本ページの記述・画面イメージの一部が古くなっている場合があります。お気づきの点・ご不明点がございましたら、お問い合わせのページよりお知らせください。

家計分析レポートサンプルのダウンロードはこちらから

 

 

ライフプラン応援隊
(個人ユーザーへのサポート企画)

みなさんの人生が豊かになることを、心から応援するFPの集まりです。
役立つマネーの情報、ライフプランソフトの活用法をお届けしたり、セミナーなどイベントを企画しています。

FPユーザー向けの勉強会も開催中!
(Zoom参加OK・録画配信あり)

当ライフプランソフトの操作方法や、FP業務への活用について学べる勉強会:

  • 6/23(日) ライフプランデータを顧客とFPで共有し、相談で活用する方法

FPの実践スキルを楽しく学べる、FP実務勉強会:

  • 5/26(日) 基礎から学ぶ! 65歳以降の社会保険と税金(2024年版)
  • 5/26(日) 年金繰下げし過ぎで損する事例から学ぶ、税と社会保険の負担増
  • 6/23(日) 相続の相談業務を体験し、プロの相続実務の感覚をつかもう!


「FP勉強会」の公式サイトへ移動します。

FPユーザー向けのメールマガジン・SNSもあります。


▲このページ一番上に戻る