Financial Teacher System 6
FPのノウハウを結集した無料のライフプランシミュレーションソフト

閉じる

 

閉じる

当ソフトでの所得税や住民税など税額計算について

所得税・住民税に共通すること

税額計算の方針

所得税や住民税の額は、当ライフプランソフト内で入力された働き方に基づき、給与所得額・事業所得額を区別したうえで税計算を行います。さらに、年金収入がある場合は、年金の非課税額も考慮して、税金額を計算しています。

税額計算に当たり、 給与所得額、事業所得額、公的年金受給額、扶養控除等を考慮し、実際の確定申告と同等の計算に基づいています。

住宅ローン控除の計算

住宅ローン控除の控除額の計算方式について のページで詳しく解説しています。

住民税に関すること

所得の発生と同年に支払うものとしている

本来の住民税は、前年の所得に基づいて計算をします。
しかし当ソフトでは、所得の発生年と、住民税の支出の年を、同一の年としています。

これは、ライフプランソフトの仕組み上の理由によるものですが、住民税を12月31日に前払いで支払ったシミュレーション結果であるとご理解いただけますと幸いです。

 


※このページは、ライフプランシミュレーションソフトFinancial Teacher Systemの機能紹介・操作解説ページです。

※頻繁なバージョンアップにより、本ページの記述・画面イメージの一部が古くなっている場合があります。お気づきの点・ご不明点がございましたら、お問い合わせのページよりお知らせください。

家計分析レポートサンプルのダウンロードはこちらから

 


 

マネー・FPに関するメールマガジンを発行しています。
(全て無料・姉妹サイトのメールマガジン案内ページへ移動します)

 


▲このページ一番上に戻る