Financial Teacher System 7
FPのノウハウを結集した無料のライフプランシミュレーションソフト

閉じる

 


どなたでも参加できる、FPに関するfacebookグループです。

このサイト内を検索

閉じる

遺族の必要保障額

このページでは、世帯主死亡時の配偶者の必要保障額について説明しています。
このページ後半で記載の通り、配偶者死亡時の必要保障額も、考え方は同じとなります。

グラフの見方

今時点で世帯主が死亡した場合に、今後遺族の生活費がどれくらい不足するか(=必要保障額)を計算し、グラフ化しています。
言い換えると、遺族の貯蓄が底をつかないためには、あといくら保険金を上乗せすればよいのか(追加の資産が必要か)を示しています。

世帯主の死亡後、配偶者が特定の年齢まで生存する場合(3パターンの年齢を用意しています)の金額が表示されています。

グラフの横軸は、世帯主死亡後における配偶者の年齢です。
(世帯主死亡時点の年齢を表しているのではありません)

一般的には、遺族が長生きするほど、必要となる生活費は増える傾向にあります。
(収入、支出の在り方によっては、その限りでないこともあります)

計算根拠の確認

1年ごとに、それ以降遺族が支出する生活費から、現在の貯蓄と、それ以降に発生する遺族の収入とを差し引いた金額を計算し、グラフ化しています。
その根拠となる数値は、グラフの次のページで確認できます。

配偶者死亡時のグラフも見方は同じ

近年は共働き家計も増えてきています。
それを受けて当ソフトでは、世帯主死亡時の必要保障額と、配偶者死亡時の必要保障額の両方を計算しています。

配偶者死亡時のグラフも、その見方は同じです。

 


※このページは、ライフプランシミュレーションソフトFinancial Teacher Systemの機能紹介・操作解説ページです。

※頻繁なバージョンアップにより、本ページの記述・画面イメージの一部が古くなっている場合があります。お気づきの点・ご不明点がございましたら、お問い合わせのページよりお知らせください。

家計分析レポートサンプルのダウンロードはこちらから

 

マネー・FPに関するメールマガジンを発行しています。
(全て登録無料。姉妹サイトのメールマガジン案内ページへ移動します)

FPとして活動中の方や、これからFPを目指す方もご参加いただける、facebook上のグループです。

Financial Teacher Systemのfacebookページ


▲このページ一番上に戻る