Financial Teacher System 7
FPのノウハウを結集した無料のライフプランシミュレーションソフト

閉じる

閉じる

世帯主(配偶者)死亡時に、家計プランの内容を大きく変えてシミュレーションしたい場合

当ソフトで夫婦家族の家計シミュレーションを行うと、次の3つキャッシュフロー表を同時に作成します。

前提として、夫婦がともに生存している場合も、そのうちの一方が死亡した場合も、家計プランに登録した働き方と収入、定期収入・定期支出、臨時収入・臨時支出、子供の人数は変わらないものとして、未来の家計の金額を計算します。
具体例を挙げると、次のようになります。

死亡時に異なる家計プラン内容でシミュレーションしたい場合

世帯主または配偶者が死亡した場合に、夫婦とも生存していた場合と異なる内容でシミュレーションしたい場合は、次の方法で実現できます。

家計プランの複製方法はこちらのページで解説しています。

複製した家計プランに変更を加えることで、世帯主死亡時(配偶者死亡時)専用の家計プランを作り、キャッシュフローシミュレーションを行えます。このようにすることで、

3つの家計プランを使用するので、少し手間がかかりますが、この方法でご希望の家計シミュレーションを行うことができます。

あり/なし の切り替え機能もご利用ください

子供の入力画面で、「あり」を選ぶとその子が生まれる前提でシミュレーションされます。
「なし」を選ぶと、一時的にその子が生まれない設定でシミュレーションができます。

定期収入・定期支出も、詳細設定に切り替えると、有効/無効 を切り替えられます。

このように、簡単に有効/無効を切り替えられる項目もありますので、ご利用ください。

このニーズは将来のバージョンアップで対応予定

なお、開発チームでは、世帯主死亡時/配偶者死亡時に異なる収支の情報を登録できるよう、その対応を計画中です。実現まで少し期間を要しますが、それまでお待ちいただきますよう、よろしくお願いいたします。

 


※頻繁なバージョンアップにより、本ページの記述・画面イメージの一部が古くなっている場合があります。お気づきの点・ご不明点がございましたら、お問い合わせのページよりお知らせください。

家計分析レポートサンプルのダウンロードはこちらから

 

マネー・FPに関するメールマガジンを発行しています。
(全て登録無料。姉妹サイトのメールマガジン案内ページへ移動します)

FPとして活動中の方や、これからFPを目指す方もご参加いただける、facebook上のグループです。

このサイト全体から検索したい場合はこちら


▲このページ一番上に戻る