閉じる

閉じる

世帯主(配偶者)死亡時に、家計プランの内容を大きく変えてシミュレーションしたい場合

当ソフトで夫婦家族の家計シミュレーションを行うと、次の3つキャッシュフロー表を同時に作成します。

前提として、夫婦がともに生存している場合も、そのうちの一方が死亡した場合も、家計プランに登録した働き方と収入、定期収入・定期支出、臨時収入・臨時支出、子供の人数は変わらないものとして、未来の家計の金額を計算します。
具体例を挙げると、次のようになります。

死亡時に異なる家計プラン内容でシミュレーションしたい場合

世帯主または配偶者が死亡した場合に、夫婦とも生存していた場合と異なる内容でシミュレーションしたい場合は、次の方法で実現できます。

家計プランの複製方法はこちらのページで解説しています。

複製した家計プランに変更を加えることで、世帯主死亡時(配偶者死亡時)専用の家計プランを作り、キャッシュフローシミュレーションを行えます。このようにすることで、

3つの家計プランを使用するので、少し手間がかかりますが、この方法でご希望の家計シミュレーションを行うことができます。

あり/なし の切り替え機能もご利用ください

子供の入力画面で、「あり」を選ぶとその子が生まれる前提でシミュレーションされます。
「なし」を選ぶと、一時的にその子が生まれない設定でシミュレーションができます。

定期収入・定期支出も、詳細設定に切り替えると、有効/無効 を切り替えられます。

このように、簡単に有効/無効を切り替えられる項目もありますので、ご利用ください。

このニーズは将来のバージョンアップで対応予定

なお、開発チームでは、世帯主死亡時/配偶者死亡時に異なる収支の情報を登録できるよう、その対応を計画中です。実現まで少し期間を要しますが、それまでお待ちいただきますよう、よろしくお願いいたします。

 


※頻繁なバージョンアップにより、本ページの記述・画面イメージの一部が古くなっている場合があります。お気づきの点・ご不明点がございましたら、お問い合わせのページよりお知らせください。

家計分析レポートサンプルのダウンロードはこちらから

 

 

FP向けの勉強会を開催しています!

FPの方、お金のアドバイザーの方を対象に、実務力アップにつながる勉強会を開催しています。

当ライフプランソフトの活用勉強会(FPユーザー向け)

当ライフプランソフトの機能や使い方を学び、お客様にご満足いただけるコンサルティングの進め方も習得できます。
基礎から実践まで、3レベルに分かれています。

  • 8/29(日) プロFPレベルのライフプランニングを実践しよう!
  • 8/29(日) 上手な保険見直し提案を、ライフプランソフトで実践しよう
顧客満足度を高めるFP実務勉強会

FPとしての実践的なスキルを身につけて、お客様の課題を解決し、お客様に喜んでもらえるFPを目指していく勉強会です。

  • 8/9(月) FPの実務キャリア向上 オンライン スタディグループ
  • 9/13(月) FPの実務キャリア向上 オンライン スタディグループ
  • 9/23(木・祝) 基礎から学ぶ! 65歳以降の社会保険と税金
  • 9/23(木・祝) 年金繰下げし過ぎで損する事例から学ぶ、税と社会保険の負担増


当ソフト開発者が運営しているサイト「FP勉強会」へ移動します。

FPユーザー向けのメールマガジンを発行しています。SNSもフォローください!

このサイト全体から検索


▲このページ一番上に戻る