閉じる

閉じる

住宅ローン返済

ローン返済のグラフ

このグラフは、次の2つを分かりやすく表示したものです。

住宅ローン残高が減少する様子を、一目で確認できます。
金利が段階的に変わる場合は、返済額も段階的に変化することもわかります。

返済計算の補足

住まいの基本情報の画面で設定した居住終了年月になっても住宅ローンの返済残高がある場合は、この居住終了年月において残額を一括返済するものとして取り扱います。
この一括返済は、キャッシュフロー表にも反映されます。

ローン返済の具体的な金額表示

上記グラフの具体的な金額を、数字で示した表です。

毎年のローン返済額を詳しく表示します。
ローン返済額の内訳として、利息の額と元金の額も表示します。

収入に占めるローン返済額の比率である「ローン返済負担率」も計算しています。
これを35%以内に抑えないと、一般的にはローンの審査に通らなくなると言われています。その判断の参考にして下さい。

表の一番右端には、合計額が表示されます。
生涯を通して、住宅ローンにどれくらいお金を使うのかを理解できます。

詳細な住宅ローン内訳の確認

Excel形式で作成したレポートの場合、シートの左側にある「+」マークを押すと、さらに詳しい内訳金額も確認できます。

持家が複数あれば、持家1つごとに内訳金額を確認できます。
また、一つの持家に対して複数の住宅ローンを組んでいる場合は(夫婦でローンを借りている、変動金利と固定金利のローンを併用している、など)、1つ1つのローンに対して、内訳金額を確認できます。

住宅ローン控除に関する補足の解説

 


※頻繁なバージョンアップにより、本ページの記述・画面イメージの一部が古くなっている場合があります。お気づきの点・ご不明点がございましたら、お問い合わせのページよりお知らせください。

家計分析レポートサンプルのダウンロードはこちらから

 

 

FP向けの勉強会を開催しています!

FPの方、お金のアドバイザーの方を対象に、実務力アップにつながる勉強会を開催しています。

当ライフプランソフトの活用勉強会(FPユーザー向け)

当ライフプランソフトの機能や使い方を学び、お客様にご満足いただけるコンサルティングの進め方も習得できます。
基礎から実践まで、3レベルに分かれています。

  • 10/15(土) ライフプランソフトで相談者の老後資金計画をサポートしよう
  • 10/15(土) 顧客が安心できる住まい提案を、ライフプランソフトで実践!
顧客満足度を高めるFP実務勉強会

FPとしての実践的なスキルを身につけて、お客様の課題を解決し、お客様に喜んでもらえるFPを目指していく勉強会です。

  • 9/25(日) FP6分野の最新改正&実務力アップ勉強会(9月度・会場参加可能)
  • 9/25(日) 金融オプションをマスターし、複雑な投資商品を解説できるFPになろう!


当ソフト開発者が運営しているサイト「FP勉強会」へ移動します。

FPユーザー向けのメールマガジン・SNSもあります。

当ライフプランソフト開発にご協力いただける、ウェブデザイナーとウェブプログラマーを募集しています。詳しくはこちら

このサイト全体から検索


▲このページ一番上に戻る